返済金額を2万円した場合だと、完済するまでに31ヶ月と1万違いで49ヶ月約4年も短縮され、金額も62万ですみ、差額は18万も出てきます

このようにリボルビング払いは、毎月払う金額を変えるだけでトータルで返済する金額が大きく差が出て額が大きいほど負担が少なくなります。リボの返済方式は大きく3つに分かれていて、まず元利定率リボルビング方式は、毎月の返済日における借入残高を予め確定して、借入残高に利息を加えた元金と利息の定率です。基本的に借金がずっとなくならないので、毎月払いながらもプラスして少しづつ返済金額を多くして、最終的に残高の一斉完済をする事が必要になってきます。元金定率リボルビング方式は、借入残高に対して、あらかじめ設定された定率の元金と利息が、毎月の支払い額となる返済方式で、確実に元金から返済していくため総支払利息分が少なく済ましたい人に最適なやり方となります。この方法は設定された定率によって毎月返済する元金が決まるところと、だんだん払っていくにつれて毎月の返済額が少なくて済むことが特徴となっています。3つ目は残高スライドリボビング方式があります。